読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の基準。

ミニマリスト。
ただやみくもに洋服を処分していくだけでは、結局また「着る服が(あるのに)ない…」と買ってしまって、いつまで経っても減りはしないんじゃなかろうか…
ということに、やっと気づきました。

なので、ここはひとつ洋服の基準を決めようかと。

基準を決めるにあたり、日常生活を参考にするのはとても大事。
例えば、日常的に庭いじりやDIYをする人のワードローブがスカートやワンピース中心では動きにくいしちぐはぐしてしまう。
ちゃんと日頃の行動にマッチしたワードローブを目指さねば。

自分の日常生活を振り返ると、午前中はパート、午後は家事と動き回ることが中心の生活。
したがって動きやすいということが最優先。
いくら動きやすいからといって、ボロボロのヨレヨレでは出歩きにくい。
なので「外出先で人にバッタリ会っても恥ずかしくない」ことも大事。

そうやって考えた末にたどり着いたのが、昨年娘の入院に付き添っていた際の服装。
割と長く入院していたので、主な生活の場は病棟。
ベッド周りにいることが多いので、リラックスした服装がいいけれど、ナースや先生など人の出入りも多いので、ある程度はきちんとしていないと恥ずかしい。
そういった意味では、今の生活にもぴったりじゃないかと。

あの頃よく着ていたのはデニムパンツやスカートにカットソー、時々シャツ。
仕事ではパンツ必須なので、2~3本は必要。
スカートやワンピースは仕事のない時や休日用に1~2着ほしいところ。
トップスはオンオフともにカットソーがメインになるだろうから、3~4枚はいるかな。
これからの季節は半袖Tシャツが必要…3~4枚で足りるかな?
学校行事や少しきちんとしたい時はシャツがいいと思うので、1~2枚は持っていたい。

数だけでなく、ディテールの基準も決めておこう。
これから買うにも処分するにも基準があった方が選びやすいし。
動きやすさと手入れのしやすさは譲れないので、フリルだとかビジューだとかの飾りは不要。
プリントやロゴも苦手。せいぜいボーダーまで。
素材は着心地のいい天然素材を。綿100%ならガンガン洗濯できる。
重ね着しないと着られないような服は余計に服を増やすだけ。1枚でも着られて、重ね着もできる服が理想。

ざっとこんなもんでしょうか。
以上の基準をふまえて、明日からまた断捨離を頑張りたいと思います。