読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSを絶ってみる。

暇さえあれば、SNSを覗いてました。
Facebook以外は見る専門で投稿はしませんが。
Facebookは遠く離れた友人や兄弟親戚に近況を伝えるべく、ごくたまに投稿してます。

それをしばらく絶ってみることにしました。
きっかけは、Facebook上であった出来事。
Facebookで繋がっている人の中には、仲良しとまでは言わないけれど、子ども関係のしがらみで繋がっている人も。
そういう人って、Facebook上ではすごくフレンドリーで、私のちょっとした投稿にもご丁寧にコメントをくださるのに、リアルに顔を合わせるとすごく素っ気なくて、正直どう接していいのか戸惑ってしまう。

友達として仲良くなりたいから、Facebookで友達申請してくれたんじゃなかったの?
それとも、ただ単純にFacebookに表示される友達の数を増やしたくて申請しただけのことなのかしら?

とまぁ、戸惑いながらもコメントに対しては返信をし、投稿があればこちらも礼儀としてコメントやいいねボタンを押していました。

…ある投稿を目にするまでは。

実際に何があったのかは知りませんが、恐らく共通の知人に関する、ぶっちゃけ悪口が投稿されていたのです。
多くの人が目にするFacebook、さすがに実名は出されてませんでしたが、見る人が見たら誰のことかはわかるような内容。

はっきりいって、気分が悪くなりました。
毎日いろんなことがあるし、時には愚痴を言いたいのもよくわかります。
私も「会社で社長にひどいこと言われた 泣」とか、子どもの愚痴を書き連ねることはあります。
が、日頃から友人として接している人のネガティブな…悪口を書くことだけは決してしません。
回り回って本人の耳に届いてしまうリスクもあるし、何より読んだ人がいい気分しないから。
それはある種のマナーでもあると思うのですが…。

その人が何を思ってその投稿をしたのかはわかりませんが、とにかくどっと疲れてしまったのです。
そうは言っても、今年は子ども関係で顔を合わせる機会が多いから、下手にフォローを外す訳にもいきません。

なので、思いきってSNSから離れてみようと。
目にする機会が減れば、嫌な気分になることも減るし、フォローを外すことで気分を害されることもありません。
SNSに費やしていた時間を他のことに充てることもできます。
ほんのわずかなスキマ時間ではありますが、趣味の手仕事に充てていきたいな、と思います。